3ピース缶

3ピース缶は、蓋・胴・底の3つのパーツが組合わせられて構成されています。胴の接合方法によってハンダ缶(ハンダ接合)、接着缶(ナイロン等の接着剤接合)、溶接缶(溶接による接合)に分かれますが、現在は溶接缶が主流となっています。3ピース缶は強度がありレトルト(圧力をかけながらの高温殺菌)という強い殺菌処理に耐えられる構造のため、食料品やミルク入りコーヒー飲料、紅茶飲料など、さまざまな内容物に適用できる汎用性の高い容器です。

溶接缶










ページの先頭へ